学会関連ニュース

学会に関連する情報をお知らせします。

NEW 日本学術会議からのお知らせ

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】公開シンポジウム
 「今後の博物館制度を考える~博物館法改正を見据えて~」
--------------------------------------------------------------------■


【主催】日本学術会議史学委員会 博物館・美術館等の組織運営に関する分科
会、全日本博物館学会、名古屋大学人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学
研究センター

【後援】公益財団法人日本博物館協会

【日時】2021年3月2日(火曜日)午後1時から午後5時

【場所】オンライン

【参加費】 無料

【定員】1,000人

【事前申込み】要 
  https://forms.gle/rouFXfYJaqXXgDCG9

【開催趣旨】
 博物館とは空間と時間を越える文化のハブとして日本と世界の人々の幸いに
資するものである。その趣旨のもと、ICOM(国際博物館会議)が3年に1度
世界各地で開催する大会が2019年9月に京都で開催された。それをも踏ま
えて日本学術会議は2020年8月に提言『博物館法改正へ向けての更なる
提言~2017年度提言を踏まえて』を発出した。1952年施行の博物館法に
規定される登録博物館制度や学芸員資格等の構造的な不備は、2008年の
博物館法改正においても抜本的には改正されず、現実との乖離が著しい。
そこで『提言』では、従来の登録制度に代わり文化財保護法との整合性のとれ
た新・認証制度と学芸員を研究者と認定する制度の構築の必要を示した。
以上を背景として本シンポジウムでは、全日本博物館学会との連携の下に、
現在進行しつつある博物館法改正を含めた、今後の日本の博物館と学芸員の
制度について皆で考えてゆきたい。
 現在の我々は、過去からの文化遺産を、未来の世代にどのように伝えていっ
たらよいのだろうか。

【プログラム】
 http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/307-s-0302.html

【問い合わせ先】
 名古屋大学人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター
 (担当:三好)
 メールアドレス: hakubutsukanseido(a)gmail.com
 ※(a)を@にしてお送りください。

0

日本学術会議からのお知らせ

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】
  第20回アジア学術会議開催案内について
--------------------------------------------------------------------■
日本学術会議会員、連携会員及び協力学術研究団体各位

  第20回アジア学術会議 開催案内について(FIRST Circularの公表)
      
                        アジア学術会議事務局長
                               澁澤 栄
各位

 下記のとおり、第20回アジア学術会議を開催します。
 なお、オンラインと現地参加の2つの参加手段が用意されておりますが、も
し現地参加をご希望の場合には、我が国では緊急事態宣言が発出中であるなど
新型コロナウイルス感染症にかかる諸情勢を考慮の上、現地参加については慎
重にご判断いただきますよう、お願い申し上げます。

■テーマ:ニューマテリアルの時代:持続可能な社会のためのイノベーション
(“The Age of New Materials: Innovation for Sustainable Society”)

■日 程:2021年5月13日~5月15日

■開催方式:オンライン(Zoom)及び現地開催

■会 場:ShanghaiTech Conference Center(中国・上海)
 
■主 催:China Association for Science and Technology (CAST)

■スケジュール
2021年2月21日: 査証取得手続き補助申し込み(現地参加ご希望の場合のみ)
2021年2月28日: 論文要旨(Abstract)提出期限
2021年3月31日: 審査結果通知(Notification of Acceptance of
        Abstract)※
2021年4月19日: プレゼン資料(presentation material)提出期限
※状況に応じて3/31以降も随時通知の可能性有

■使用言語 英語

■(論文募集テーマ)

(1) Advanced Energy Materials
(2) New Frontiers for Materials Design
(3) Green and Intelligent Materials
(4) Functional Materials for Informatics
(5) Sustainability, Social Diversity and Gender Equality
(6) Smart Transformation in Agriculture and Local Community

 受領したアブストラクトにつきましては、主催アカデミーであるChina
Association for Science and Technology (CAST)が慎重に審査し、発表する
に相応しいと判断されたアブストラクトについては採用通知が送付される予定
です。

第20回アジア学術会議における論文募集の詳細については以下をご覧ください。

・第20回アジア学術会議専用サイト(主催アカデミーHP)
http://sca2020materials.csp.escience.cn/

・問い合わせ先
  日本学術会議事務局 アジア学術会議事務局
  Email: sca_secretariat*cao.go.jp(*を@に変更して送信して下さい)

  主催アカデミー China Association for Science and Technology
  Email: sca20*mail.sim.ac.cn(*を@に変更して送信して下さい)
  Tel: +86(21)62511070

0

日本学術会議からのお知らせ(2件)

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】
 日本学術会議主催学術フォーラム「危機の時代におけるアカデミーと未来」
--------------------------------------------------------------------■
【日時】2021年2月27日(土)14:00-17:00
【場所】オンライン配信
【主催】日本学術会議
【開催趣旨】
 新型コロナ感染症や気候変動のみならず、自国第一主義の蔓延による多国間
 主義の崩壊、世代間・ジェンダー・マイノリティといった様々な格差、長寿
 命化に伴う生と死の倫理観の転換など、私たちは多重の危機下に置かれてい
 る。そうした中で、人類の公共的な知的資産を継承し、新たな知識の発見や
 技術の開発によって公共の福祉の増進に寄与すると共に、地球環境と人類社
 会の調和ある平和的な発展への貢献を社会から負託されている存在であるア
 カデミーはいかにあるべきか、昨今の状況も含めてその来し方行く先を展望
 し、より求められ、望まれるアカデミーの役割発揮について議論する。

【次第】 http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/307-s-0227.html
【参加費】無料
【要・事前申し込み】
 以下のURLからお申し込みください。        
 https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0067.html     
【問合せ先】
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 電話:03-3403-6295


■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】
 公開シンポジウム「現代社会とアディクション」
--------------------------------------------------------------------■
【主催】日本学術会議基礎医学委員会・臨床医学委員会合同アディクション分
    科会、基礎医学委員会神経科学分科会、臨床医学委員会脳とこころ分
    科会
【共催】なし
【後援】脳科学関連学会連合、日本生命科学アカデミー、(公財)東京都医学
    総合研究所
【日時】令和3年3月28日(日)13:30~17:00
【場所】オンライン
【参加費】 無料
【定員】 500人
【事前申込み】 要 
  https://forms.gle/YfHkUwozTs4QwSLk7
  事前参加登録締切:2021年3月18日(木)
【開催趣旨】
  アディクションは、物質依存のみならず行動嗜癖も含み、近年、特にコロ
 ナ禍において大きな社会問題となっている。その研究・対策の必要性が法律
 でも謳われているが、学術的な対策は不充分であり、病態解明や治療薬開発
 は進んでいない。医療現場での対策と同時に学術活動も進める必要がある。
 シンポジウムでは、今日のアディクションに関する様々な問題を解決するた
 めの糸口を共有したい。
【プログラム】
 http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/307-s-0328.html
【問い合わせ先】
 addiction20210328*gmail.com(*を@に変更)

0

日本学術会議からのお知らせ(2件)

■--------------------------------------------------------------------
 【開催案内】公開シンポジウム
  「続発する大災害から史料を守る-現状と課題-」
  (第25回史料保存利用問題シンポジウム)
--------------------------------------------------------------------■


【主催】日本学術会議史学委員会、歴史資料の保存・管理と公開に関する分科会

【共催】日本歴史学協会

【後援】全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、日本アーカイブズ学会

【日時】 令和 2年12月19日(土) 13:30~

【場所】オンライン

【参加費】 無料

【定員】300人・先着受付

【事前申込み】要 

   https://forms.gle/nAjPMyTE3aHzEuXM8

【開催趣旨】

 阪神淡路大震災から25年、この間、東日本大震災をはじめとして大地震が
頻発している。そして、地震のみならず火山噴火も多発し、豪雨による水害
等、大きな災害に襲われ続けているのが、現在の日本列島の姿であるといえ
る。昨年の秋には台風19号にともなう豪雨によって、各地で河川の氾濫、
破堤による洪水が発生し、大きな豪雨災害となった。19号のみならず、その
前後にも台風や大型低気圧の通過による風水災に見舞われたことは、なお記
憶に新しい。こうした大災害の発生は、日常生活の破壊であるとともに、文
化財や歴史資料等の消失・散逸の危機でもある。そうした危機に直面するな
かで、レスキュー活動等が展開され、被災文化財や歴史資料等の救済・保全
への努力が続けられてきた。
 このように、地震・火山噴火のみならず、近年はこれまで想定できなかっ
たような豪雨などによる大災害が、同時多発的にそれぞれの地域を襲い、都
市部では都市部特有の被害も発生している。こうした現状を踏まえると、こ
れまでの文化財や歴史資料等の保全・保存の在り方について、大災害の続発
を前提に見直す必要性を痛感する。しばしば「想定外」が繰り返されるが、
これは文化財や歴史資料等の管理・保全に関しても、甚大な被害への予防の
対応ができていないことの表れといえよう。こうした現況に鑑み、日本歴史
学協会では、昨年11月に「豪雨による被災文化財や歴史資料等の救済・保
全についての緊急声明」
http://www.nichirekikyo.com/statement/statement20191116.html)を発
した。
 そこで今回のシンポジウムは、この声明を受けた取り組みとして位置づけ
ることとし、昨秋の台風等による豪雨で被災した文化財・歴史資料等の救済
・保全活動について、那珂川・久慈川、千曲川の各水系に関わる報告をして
いただき、被災や救出活動の実態、その問題点などを共有するなかで、平時
における文化財や歴史資料等の管理・保全の在り方、緊急時における速やか
な救済・保全に向けた対応について、豪雨災害を通して考えたい。このこと
によって、続発する大災害に対応した文化財や歴史資料等の保全・保存の在
り方を展望する機会としたい。
 一方、実施に向けて検討が進められている国立公文書館によるアーキビス
ト認証制度について、その現状を検証することも喫緊の課題といえる。そこ
で、今回は特別報告として、国立公文書館によるアーキビスト認証制度に関
する報告をお願いした。

 

【プログラム】 http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/295-s-1219.html

【問い合わせ先】
 日本学術会議史学委員会
 メールアドレス: wakao.masaki*r.hit-u.ac.jp(*を@に変更)

 

■--------------------------------------------------------------------
 【開催案内】公開シンポジウム
  「世界戦争100年と地域統合、新国際秩序をどう作るか?」
--------------------------------------------------------------------■


 12月3,4,8日に、第1部 地域研究委員会及び経済学委員会で、公開シンポ
ジウム、「世界戦争100年と地域統合、新国際秩序をどう作るか?」を世界12
カ国、欧州、アメリカ、アジアをオンラインで結び、国際会議を開催します。
詳細は下記の通りとなります。

・日時:
 1日目 令和2年12月3日(木)13:00~15:00 16:00-21:15
 2日目 令和2年12月4日(金)15:00~17:00 18:00-21:15
 3日目 令和2年12月8日(火)15:00~17:00 18:00-21:15

・場所:オンライン開催
   *参加URLは,申込者にメールで連絡致します

・参加希望者は、12月1日までに以下のURLから、参加登録をお願いいたします。
  参加登録:Registration: https://bit.ly/370Stra
  問い合わせ:Email:registration2020tk*side.parallel.jp(羽場久美子)
(*を@に変更)

・参加費:無料

・主催:日本学術会議 地域研究委員会 アジアの地域協力と学術的ネットワ
ーク構築分科会、経済学委員会

・開催趣旨、次第 等:
  http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/299-s-1203-04-08.html

・青山学院大学 グローバル国際関係研究所 ホームページ    
  http://side.parallel.jp/gir/2020/11/04/202012conference/

・問合せ先:
  Email:registration2020tk*side.parallel.jp(羽場久美子)
(*を@に変更)

0

日本学術会議からのお知らせ

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】学術フォーラム
 「新型コロナウイルス感染症コントロールに向けての学術の取組」
--------------------------------------------------------------------■

 

・日時:2020年11月28日(土)13:00-17:00

・場所:オンライン開催

・主催:日本学術会議

・開催趣旨:
 日本学術会議では、新型コロナウイルス感染症の流行に対して、第24 期
においてふたつの提言(提言「感染症の予防と制御を目指した常置組織の創
設について」及び提言「感染症対策と社会変革に向けた ICT 基盤強化とデ
ジタル変革の推進」)を公表した。両提言は、日本学術会議として中長期的
な視点から、新型コロナウイルス感染症のような大規模感染症を、予防・制
圧することを目指して審議した結果である。
 現在、冬季に向かって新型コロナウイルス感染症の再流行の兆しが見える
中、両提言を踏まえて、現在の情勢を検討するとともに、新型コロナウイル
ス感染症についての学術の成果を発信する。
 国内には新型コロナウイルス感染症の再流行に対する不安感が広まってお
り、本学術フォーラムの目的は、学術の取組と成果を広く発信し、日本医学
会連合との連携により、学術界全体として新型コロナウイルス感染症に取り
組んでいる姿を明らかにすることで、社会に広がる不安感とそれにともなく
様々な社会問題の解決に資することである。
 本フォーラムは、日本学術会議と(一般社団法人)日本医学会連合が共催
して実施するものであり、今後、両団体が協力して新型コロナウイルス流行
に対応する第一歩となるものである。

・次第:http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/303-s-1128.html

・参加費:無料

・要・事前申し込み:以下のURLからお申し込みください。  
 https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0067.html       

・問合せ先:
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
 電話:03-3403-6295

0

【協力依頼】「新型コロナ禍における社会教育実習調査」について

全国社会教育職員養成研究連絡協議会(社養協)よりアンケート調査への協力依頼がありました。

ぜひご協力ください。


《新型コロナ禍における社会教育実習調査ご協力のお願い》

新型コロナウイルス(Covid-19)は、社会教育実習にも影響を及ぼしております。特に今年度はご承知のとおり社会教育実習が必修化する初年度でもあり、かつ旧課程においても社会教育実習を履修科目としていた養成校では、卒業年次の学生が存在する等、影響が懸念されます。

当会のプロジェクト組織「社会教育実習支援ネットワーク」(代表 村田晶子)では、こうした状況を鑑み、社会教育実習の実態把握と有効な情報提供を行うことで、中長期的視点から実習運営について寄与すべく、標記のアンケート調査を実施しております。

ご多忙中のところ恐縮ですが、貴会の皆様におかれましても趣旨をご理解賜り、ご協力賜れれば幸甚です。何卒どうぞよろしくお願い申し上げます。


実施期間 2020年10月25日~11月30日(※当初11/15となっているものを延長予定)

回答方法 Webによる回答

上記期間内に、下記URLにて社養協ウェブサイトへアクセスいただくと、トップページの「最新情報」に養成校向け及び実習先施設・団体向けの回答フォームページへのリンクが掲載されていますので、そちらからご回答ください。

【社養協ウェブサイト】https://shayosei.org/

 

※問い合わせ先等、詳しくは下記のPDFファイルをご覧ください。

新型コロナ禍におけるアンケート協力依頼について(PDF)

0

【開催案内】日本社会教育士会キックオフ・フォーラムのお知らせ

日本社会教育士会よりキックオフ・フォーラムのご案内がありました。

ぜひご参加ください。

 

《一般社団法人 日本社会教育士会 キックオフ・フォーラム 「社会教育士」への期待》

2020年7月、「社会教育士」の資質と社会的地位の向上に努め、人々の学習と権利の擁護、社会教育の推進、地域社会の発展に寄与することを目的に「一般社団法人 日本社会教育士会」が設立されました。今回、法人設立後、記念すべきキックオフ・フォーラムを行います。
「社会教育士」の称号創設の経緯や、どのような人材の創出をねらいとしているかをあらためて確認するとともに、今年度実際に称号取得をめざして社会教育を学ぶ方々から、受講の動機や今後への抱負を伺い、「社会教育士」のもつ可能性を探ります。

 

日時 2020年11月28日(土)午後1時30分~3時45分

場所 オンライン開催(Zoom使用)

 

第1部 基調講演 「社会教育士」に期待すること

  • 文部科学省総合教育政策局 教育人材政策課 社会教育人材研修係長 峯 浩之さん

第2部 クロストーク 「社会教育士」としての私の夢

  • 北海道夕張市体育協会・当会会員 安榮翔太さん
  • NPO法人夢コミネット(横浜市)事務局長・理事 時任和子さん
  • 立教大学文学部キリスト教学科 4年 望月柾彦さん
  • 福井市清水東公民館館長 鈴木幹夫さん

 

参加受付期間 11月5日(木)~11月27日(金)

※参加申込方法等、詳しくは下記のPDFファイルをご覧ください。

日本社会教育士会 キックオフフォーラムチラシ(PDF)

0

日本学術会議からのお知らせ

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】日本学術会議公開シンポジウム
 「科学的知見の創出に資する可視化(5)
  ICT /ビッグデータ時代の文理融合研究を支援する可視化」
--------------------------------------------------------------------■

・日時:2020年12月12日(土)13時00分~16時30分
・場所:Zoomによるオンライン開催(配信拠点:立命館大学) 
   *参加URLは,申込者にメールで連絡致します
・参加申込み:以下のURLよりお申し込み下さい
https://forms.gle/3ADntd4opqVtszSa7
・参加費:無料
・主催:日本学術会議 総合工学委員会
   科学的知見の創出に資する可視化分科会
・開催趣旨:
 近年、理系・文系を問わず、いわゆるビッグデータを第1次データとして、
これを ICT 環境のもとで活用して研究が行なわれるようになってきました 、
シリーズ5回目となる今回のシンポジウムでは、理系、文系の両方のアプロー
チで研究が行なわれているテーマを3つ選び、それぞれのテーマで、理系と文
系の両方から第一線の研究者あるいは専門家をお招きして講演していただきま
す。理系、文系を問わず,どなたでも御参加下さい。

・次第:http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/297-s-1212.pdf
・問合せ先:
  立命館大学情報理工学部 田中覚(stanaka*is.ritsumei.ac.jp)
  慶應義塾大学理工学部 藤代一成(ifujishiro*keio.jp)
  (*を@に変更)

0

日本学術会議からのお知らせ(2件)

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム
「人口縮小と「いのちの再生産」 コロナ禍を超えて持続可能な幸福社会へ」
--------------------------------------------------------------------■


・日時:2020年11月25日(水)13:30-17:00

・場所:オンライン開催

・主催:日本学術会議

・開催趣旨:
  世界はいま、コロナ禍で大きく揺さぶられています。しかし、コロナ禍以前
  から われわれに突きつけられていた人口減少・少子高齢化問題を忘れるわ
  けには生きません。この問題は世界とわが国社会経済の成り立ちと持続可
  能性を根幹から揺るがしつつあります。本シンポジウムでは、人口変化の状
  況、課題をふまえた上で、コロナ禍を超え、次世代へ向かう「いのちの再
  生産」について考えましょう。

・次第: http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/299-s-1125.html

・参加費:無料

・要・事前申し込み:以下のURLからお申し込みください。        
  https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.html 

・問合せ先:
  日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
  〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
  電話:03-3403-6295

 

■----------------------------------------------------------------------
【開催案内】日本学術会議北海道地区会議主催 学術講演会
「感染症との共存の現在と未来」
----------------------------------------------------------------------■


【開催趣旨】
  COVID-19の世界的な拡大により、経済活動、生活様式、教育の在り方など、
様々な面で大きな変革が求められています。一方、COVID-19への対応の裏で、
他の多くの感染症問題が後回しにされていることに、多くの専門家が警鐘を鳴
らしています。 現在、どのような感染症が問題となっており、またCOVID-19
との共存に向けてどのようなパラダイムシフトが起こっているのか、専門家を
交え情報の共有を行うとともに、これからの社会について考えます。

【主催】 日本学術会議北海道地区会議、北海道大学
【日時】 2020年11月7日(土)13:30~17:00
【場所】 オンライン開催
【プログラム】 http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/297-s-1107.html
【参加申込み】 参加フォームより登録の必要あり 
   http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/link/297-s-1107_link_1.html

問い合わせ先
  日本学術会議 北海道地区会議事務局
  (北海道大学 研究推進部 研究振興企画課内)
  TEL 011-706-2155・2166 FAX 011-706-4873
  Email:kaigi*research.hokudai.ac.jp(*を@に変更)

0

日本学術会議からのお知らせ

■----------------------------------------------------------------------
【文部科学省より周知依頼】
   ロードマップ2020の決定について
----------------------------------------------------------------------■

  標記の件について、去る9月30日、文部科学省の「科学技術・学術審議会
学術分科会研究環境基盤部会 学術研究の大型プロジェクトに関する作業部会」
において決定されたロードマップ2020が公表されましたこと、
御報告いたします。
  なお、ロードマップ2020は、次のリンク先にて公表しておりますこと、
併せて御報告いたします。

ロードマップ2020掲載ページ(文部科学省)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1388523_00001.htm

 

■----------------------------------------------------------------------
【開催案内】 研究者のための+αシリーズ Vol.1
   「What is Researcher Development?
-英国Vitaeがすすめる研究者職能開発とは-」
----------------------------------------------------------------------■

  研究者の成長は、研究室や学術コミュニティの環境に大きく依存します。
  その一方で、海外では第三者的組織による支援・取組も進んでいます。
  JSTは令和元年度より、文部科学省補助金事業「世界で活躍できる研究者育成
プログラム総合支援事業」の採択を受け、このたび、研究者の成長支援にむけた
取組として、研究者のための+αシリーズを開講いたします。
第1回目は、英国の研究者職能開発プログラムであるVitaeを運営するトップを
お招きし、その先進的取組の背景と現状について学ぶとともに、
プロフェッショナルな研究者の能力とは一体何か、そして、
私たちはその成長支援のために何ができるのかを考えます。
  どうぞ奮ってご参加ください。

===
  研究者のための+αシリーズ Vol.1
   「What is Researcher Development?
-英国Vitaeがすすめる研究者職能開発とは-」

【開催日時】2020年10月12日(月) 16:00~18:00
【開催形態】オンライン(Zoom)同時通訳あり
【参加費】無料(事前申込制)
【参加資格】幅広いキャリア層の研究者、ならびに研究者を支援する立場のかた
【参加申込URL】https://form.jst.go.jp/enquetes/2020_rpd01
【参加申込締切】10月8日(木)16:00まで
【問合せ先】
   国立研究開発法人科学技術振興機構科学技術イノベーション人材育成部
    sekai-info*jst.go.jp(*を@に変更して送信して下さい)

*今回ご参加された研究者のかたには、次回11月12日開催予定の
「Vitaeによる研究キャリア開発ワークショップ(仮題)」(20名様限定)の受講を
優先的に受け付けます。

*詳細は以下ホームページをご覧下さい。
https://www.jst.go.jp/innov-jinzai/sekai/seika/event20201012.html

0